JUGEMテーマ:自然

旅行先の松島・観瀾亭でセコイアの化石を見て思い出した。
家の庭に「木の化石」の断片らしきものがあることを。

石かコンクリートのように硬い。
庭の土にまみれていたので苔が生えて・・・。
ブラシでこすって洗ったら年輪らしきも見える。

今は、おじさんになっている息子が中学生の頃、
考古学クラブとかに入っていたので
何処かで採取してきたものかも知れない。

木の葉とか貝や昆虫の化石なら面白いのに。

木の化石なら、珪化木?
何の木?何時?何処に生えていて、どうして化石になったのか?
気の遠くなるような年月を経てここにある。
じっと穴が開くほど眺めています。。。

木の化石の断片か?岩石か?


<大きい方>
 長さ--18cm、周り--20cm、重さ--840g

<小さい方>
 長さ--8cm、周り--15cm、重さ--220g

JUGEMテーマ:名所

<あきらかに 花粉とびつぐ うら ゝかや>  みどり女

みどり女句碑

句碑は松島の西行戻の松公園の「西行戻しの松」の近く、大きな松の下に立っている。

松島は松が多い(松が多いから松島)
植林・植樹したわけでもなく、自然に生えている。
見たところ、松島の松は樹皮が赤褐色、なのでアカマツ。
アカマツは春に花を咲かせ花粉が風で散布される。。。

みどり女の句は、
松の花粉が飛ぶうららかな春の日を詠んでいる、のでしょうか・・・??

我が家の庭の松(1本)は毎年花が咲き、
黄色い花粉が木の下にいっぱい落ちている。。。

今、問題のスギ・ヒノキの花粉症。
マツの花粉症はあるのでしょうか・・・?
マツの花粉は粒子が大きい、風が無ければ殆どが地上に落ちる。
風があっても遠くまでは飛ばない、とか。



検索で、みどり女の松島を歌った句を見付けました。

<松島の 若葉に 没す 夕鴉> 

阿部みどり女(あべみどりじょ)
1886 −1980 札幌生まれ
大正ー 昭和時代の俳人。
高浜虚子に師事。


句碑が立っている「西行戻の松公園」の
展望台から松島湾が一望できる。
手前の裸木は桜。
公園展望台から松島湾を見る

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
平成23年(2011年)干支文字切手

(サイズは112.2×222.5ミリ)
 
平成22年11月22日(月)発行の特殊切手「干支文字切手」(卯)を2シート買った。
1シートはコレクション用に、1シートは使用するために。

卯年の切手も寅年の切手同様に、
様々な書体で書き表した「干支文字」、エンボス加工されていて豪華な感じ。
文字や背景の絵が素晴らしく見ていても楽しい。
背景は、円山応挙 筆 「木賊(とくさ)兎図」
パンダのような白黒模様の兔さん(ダッチ)が昔からいたのですね。
そして、切手の中にも兔さんが ・・・
上段右の甲骨文字、可愛い兔さんがピョン!

前年の干支文字切手(寅)は、
タイガースファンの おみな、惜しくて使い切れなかった。
干支の切手はその年に使ってこそ活きる。

今年の卯は、ブログタイトル「月の滴」の「月」と兎さんとはご縁があるし・・・
惜しむことなく今年中に使って、手紙を受け取った皆さんに喜んでいただこう。

卯年切手の詳しい解説は、


滴

不思議なこと!?
更新ストップで、枯れてしまいそうなグリムスの苗木。
なのに、お正月で門松とお鏡餅がちゃんと飾られている。
眺めて思案していたら、月から滴がポトポトと滴(したた)ってきた。。。
おみな も病で枯れてしまうのでは、、、と意気消沈の毎日だったけれど。
新月の願い事は叶うと言う。
再び、月から滴をいただき、がんばってグリムスの木を育てよう、と心に決めた。
と、言ってもどこまで続くか分からないけれど・・・

グリムス

JUGEMテーマ:日記・一般

           
         

今年の中秋の名月・十六夜の月は美しかったですね。

これが 「月の滴」 の最後の一滴となりました。

約3年半、拙い ”おうな” のブログにお付き合いくださいました
皆さまに深くお礼申し上げます。

月に昇った猫 ”もも” を偲んでスタートしたブログ 「月の滴」 、
奇しくも 『王子動物園のパンダ「コウコウ」が天国へ・・』 の記事が最後となりました。

いつの日か ”おみな・かぐや姫” も月に戻ることになるでしょう。。。

皆さま、ごきげんよう。

さようなら〜

JUGEMテーマ:日記・一般

今日、18日の毎日新聞 「余録」から、
余部鉄橋(JR山陰線 兵庫県香美町)のコンクリートの新しい橋が来月開通する。
鉄橋と喜びも悲しみも共にしてきた住民らは鉄橋の運行最終日16日、お別れ式を行った。
1世紀にわたる使命を終えた鉄橋の解体作業は17日から始まった。
一部は保存され、展望台として整備されるほか、廃材で作るグッズが販売される。
研究用としても使われる予定。 …… と知った。

この余部鉄橋は、コンクリート橋の架け替え工事が始まる前年に、香住駅から余部駅まで乗車して渡った。 ブログ「竹取物語」で記事にしています。

「名残り惜しい 余部鉄橋!」 2006.10.27

あれから4年、鉄橋のことはすっかり忘れていた。
「東洋一の鉄橋」として全国の鉄道ファンに親しまれてきた鉄橋、本当に高かった。
過去の写真を開いて懐かしみながら、「長い間、ご苦労さま、さようなら」 と・・。

余部鉄橋 2006.10.24
余部鉄橋 余部駅山手の丘から見る

余部鉄橋線路
余部駅ホームからトンネル方向を見る

余部鉄橋
余部駅から町へ下りて鉄橋を見る

余部鉄橋橋脚
余部鉄橋橋脚

余部鉄橋橋脚
余部鉄橋橋脚
 
JUGEMテーマ:鉄道

ライトダウンキャンペーン2010  地球温暖化防止のために・・

    CO2削減/ライトダウンキャンペーン」とは

    そして2010年の「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」

    地球温暖化防止のため、7月7日 [七夕・(クールアース・デー)]
    夜8時から10時までの2時間 「七夕ライトダウン」
    
   < 明かりを消すことは、私たちには幸せな時間を、
                   地球には小さな休息をもたらします。 >

7月7日のライトダウンに参加、七夕の夜空を見上げながら翁と来し方を語り合いたい。仲良し

             七夕 夜空

ブログのサイドバーで育てているグリムスの樹、発芽から今日でちょうど100日。
グリムスも7月からキャンドルナイトになっています。。。
(7月3日 夜)

                  グリムス
 
JUGEMテーマ:エコライフ

 

天の川のホタル観賞、近江長岡(米原市山東町)へ。
山東町の「長岡のゲンジボタル及びその発生地」は昭和27年に全国唯一の特別天然記念物の指定をうけ、独自の蛍保護条例とともに今日まで守られてきたそうです。
グリーンパーク山東でバスを降りて、地元のガイドさんの案内にしたがって、5分ほど歩いてホタルの生息場所へ。。。川
ホタルは雨が降った後などにたくさん飛び交うというが、昼間は快晴だったのと、20時頃でまだ宵の口だったからでしょうか? ホタルが乱舞する、とまではいかなかった。ホタル
けれど、暗闇の中、小川の岸の木立や草むらで神秘的な光を放ちながら飛ぶホタルは、、、日本最大のゲンジボタル、大きく光って翁の持つ団扇に留って感激! ピカピカ

ホタルが光るのは仲間に合図を送るためで、ホタルの種類や地域によって光りの間隔が違い、ゲンジボタルは東日本では4秒、西日本では2秒間隔だそうです。
日本では幼虫が水中で生活するホタルは、ゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマボタルの3種類だけ。
現在、日本にはホタル科は約50種いるといわれ、ほとんどのホタルは陸上で一生を送る。
また世界には約2000種いるといわれるが、水生ホタルは3種しか確認されていないとのこと。 特にゲンジボタルは日本固有種。
ゲンジボタル、ヘイケボタルの名は知っていたけれど、ガイドさんや説明書により、その違いなどについても知ることが出来た。

 おみな 子供の頃、家の近くの小川でピカピカとホタルがたくさん飛んでいた。ホタル
家の中に入ってくることも時々あって、蚊帳の中に放ったりして。

この夜、ずらりと並んだ観光バスは15台。。。バス
遠くまで観光バスでホタル観賞に出掛けなければならないなんて・・・
(6月10日)

     観光バス
     
     

JUGEMテーマ:季節の出来事

20年ほど前、阿寒湖のアイヌコタンを訪れた時に珍しくて買った 「ムックリ」 ♪
長い間、引き出しの中で眠っていて、すっかり古びています。
ムックリは竹製、アイヌの代表的な楽器です。
 
だれにでもならせる
むっくり
神秘な音のなかに美しいメロディーも出ます。
 
制作者 秋辺紀美代

と、説明書が付いている。

当時は鳴らし方を教わって、「ビョーン〜ビヨーン〜」 とかなり上手に鳴らして楽しんだ。
ムックリの音は、心の底に響き渡るような神秘な音色です。
けれど、このムックリは長い年月を経て、いい音色が出なくなっているようで・・・ 悲しい

ムックリ
(20年前に買ったムックリ)

今年の5月に訪れた白老ポロトコタンでも、ムックリの神秘的な音が響いていた。
チセ(茅葺きの家)の中でアイヌ古式舞踊やウポポと一緒にムックリの演奏を聴いた。
形は小さくて単純なのに、いい音色を出せるのがとても不思議です。。。 ?

ムックリの鳴らし方は、
アイヌ民族博物館(ポロトコタン) のHP 「ムックリ演奏教室」 で見れます。


ムックリの演奏 ポロトコタンで 
 
JUGEMテーマ:楽器

グリムス
    <ブログで苗を育成し植林するエコアクション!>

グリムス 植林スケジュールの通知が届きました。メール
  
   場所:モンゴル国セレンゲ県(ロシアとの国境)
   日時:4月下旬から5月下旬  
   樹種:ヨーロッパアカマツ
   本数:12,000本


   

   2009.5.9 に大人の樹になって、
   植林の日を待っていたこの2本目。
   いよいよ植林されることになりました。
   すでに、植林された1本目の樹と同じ
   「ヨーロッパアカマツ」です。


モンゴル国で元気に育ちますように、
と待機中の2本と祈りながら見送ります。。。いってらっしゃーい バイバイ

 

JUGEMテーマ:日記・一般


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ニホンカワウソ 絶滅!
    おみな
  • ニホンカワウソ 絶滅!
    kazuo nakagawa
  • クリスマス手作り小物・・・リース
    島村
  • 今日の生け花
    おみな
  • 今日の生け花
    よっちゃん
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    おみな
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    よっちゃん
  • 筍・・・筍生活
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    よっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM