今年で24年目、22回目の春節祭。前夜祭から9日間にわたって盛大に開催され、
期間中(2月13日〜21日)は、さまざまなイベントが目白押し。。。
1997年(平成9年)に、神戸市の地域無形民俗文化財に指定されたという南京町春節祭。
初めて出掛けた20回目の春節祭 2008.02.11
中国の食べ物を味わいながら、生活や文化を知るいい機会、
と今年も楽しみに出掛け、新しい発見もありました。
(2月20日)
買ったお土産、獅子舞のことなどは別ページで ・・




 南京町 長安門

 AM10時、人出は少ない。






ちまき.ぶたまん.
ももまん.などなど。

ほかほかと、湯気
が上がっている。




\(◎o◎)/!




  PM4時45分、人出はかなり。
  買ったのを食べながらの人も。
  この方が持って驚いている?
  のは???
  撮ったらお顔がバッチリで、
  メガネを ・・・ m(. .)m

  三角旗、提灯の「福」の字が
  逆さまなのは、
  中国では逆さまのことを「倒」。
  発音が「到」と同じとか。
  「福到来」= 福が来るように、
  と願って・・




南京町広場

獅子舞
神戸南京町龍獅団






  南京町広場
  ステージ裏、
  「関聖帝君」を祀る
  祭壇参拝(線香1本100円)で
  「西遊記」の人気者と
  記念撮影が出来る。




  ポスター
 
JUGEMテーマ:地域/ローカル

節分は、暦の上で年の変わり目にあたる日。
新しい年を前に、邪気を払い、厄を落とすのに豆まきをします。。。節分
邪気や厄を鬼に見立てて追い払うので
「鬼は外」「福は内」と大きな声で唱えながら豆をまく。。。 福 鬼

家の翁は照れ臭いのか?小声でしか豆をまきません。 バッド

飛び散った豆を拾い集めて神棚に上げておき、初めて雷を聞いた日に食べると、無病息災、豊作の願いがかなう、という言い伝えのある地方もあるらしいが。

内に向かってまいた豆が、思わぬ頃に、思わぬ所から出てきたりして・・・

豆をまいたあとは鬼を締め出し、福が出ていかないように戸を閉めて、「一年間をまめで暮らせますように」と、家族がそれぞれの年の数だけ豆を食べます。

翁とおみな は山盛りの豆を食べねばなりません。。。

また、夕食に恵方巻(今年の恵方は西南西)や いわしを食べます。 海苔巻 イワシ

いわしの頭は柊の小枝に刺して軒下や戸口に飾って魔除けにします。 柊

 
JUGEMテーマ:節分


クリスマス・イブに、ご近所のイルミネーションを見て回りました。ジョギング

クリスマスが近付くと、イルミネーションを飾り付けるお宅が増えて来て。キラキラ
飾り付けも年々豪華になっているようです。

夜遅くまで輝いているお宅もあるし、
サンタさんの門限が早いお宅もあるようで。サンタ

最近はLEDのイルミネーションもあるらしい。
シンプルでいいから、おみな も来年は飾ってみたい。。。













 
JUGEMテーマ:☆イルミネーション☆

完 お読みいただきありがとうございます。女



とあるお宅の門にお出ましのサンタさん。。。サンタさん
数年前に初めてお会いしてから、毎年会うのが楽しみ。
この時期はいつも通る道から、わざわざ遠回りして・・
ベランダにもサンタさんやイルミネーションが綺麗に輝くけれど。キラキラ
このサンタさんは飛切りでっかい !
「こんばんは〜」と挨拶したら、
「夜道、気を付けてお帰りなはれ」と声がしたような・・・。

JUGEMテーマ:☆イルミネーション☆

今年で第15回目を迎える光の彫刻 「神戸ルミナリエ」。
今年の作品テーマは「光の抱擁」。

出掛ける予定日が雨で、混雑が予想される土曜になってしまって・・・
阪急三宮駅着17時30分、徒歩10分のルミナリエ会場入口まで、
交通規制の迂回のため2時間余りかかりました。

光の玄関「記憶の扉」から、幾重にも連なるきらめく光のアーチをゆっくりとくぐり、
東遊園地の「光の宝石箱」へ。。。
ピカピカピカピカ 四方から降り注ぐきらびやかな光に包まれる
今年も元気でルミナリエに会えたことに感謝。

(12月12日)

「フロントーネ「記憶の扉」
(三井住友銀行神戸営業部前)




ガレリア「星のかけら」
きらめく光のトンネル。
(仲町通)


スパッリエーラ「光の宝石箱」
サークル状のイルミネーション、王冠のようで豪華。
全長約130m、高さ約19m。
(東遊園地・広場)


光の壁掛け




カッサ・アルモニカ 「光のカッサ・アルモニカ」
「過去と未来の輝きと共に、生命の響きを伝える光の記念堂」。
15年目の鎮魂、祈ります。


スパッリエーラとソロピース
王冠のように浮かび上がるスパッリエーラ。
素敵な夜景も。
山手側に回れば錨山に神戸のランドマークの青い錨が見える。
(神戸市役所1号館24階展望ロビーから)


スパッリエーラ


ソロピース「光の鼓動」
褐葉の街路樹を照らし、可愛らしい雰囲気。
(東遊園地・小道)




神戸ルミナリエ募金
いつまでもルミナリエが続きますように・・・




関連記事
 「神戸ルミナリエ・・・2007」 2007.12.07

8月16日、夏の夜空にくっきりと浮かび上がる五山の送り火。
お盆に迎えた先祖の霊を送る仏教的な行事です。
「大文字」から相前後して点火される送り火すべてを観賞したい、と今年はホテル屋上で。
点火時刻が近付くと京のまちの灯りは落とされ、静かに「送り火」に注目します。

大文字 (如意ヶ嶽) 炎20時



「大」の字の
一画の長さ 80m
二画 160m
三画 120m

火床 75

(20:07)
「大」の字は、この世を構成する「地」「水」「火」「風」の四大要素の「大」から由来するといわれ、また弘法大師が火床を大の字に並べたのが始まりとの説もある。
撮影ポイントが右にずれているため、いびつで残念。


・法 (松ヶ崎 西山) 炎20時10分
「妙」の縦横最長 約100m  火床 103
こちらのホテル屋上からこの字は見えません。

妙・ (松ヶ崎 東山) 炎20時10分



「法」の縦横最長 約70m

火床 63

(20:14)
鎌倉時代に日蓮の弟子である日像上人がこの地を訪れ、法華の説教をしたところ、村人全員が日蓮宗に帰依。 送り火に南無妙法蓮華経のお題目の字を用いたのが始まり。


船形 (西賀茂船山) 炎20時15分



船の全長 約200m
帆柱の高さ 約90m

火床79


(20:29)
地元の西方寺の開祖である 円仁が唐に留学した際、帰りの船が嵐に遭遇したが、念仏を唱えたことにより、無事帰ることができたという故事に由来。
船底にあたる所に何か障害物があるのでしょうか?火が見えませんでした。


左大文字 (大文字山) 炎20時15分



「大」の字の
一画 の長さ 48m
二画 68m
三画 59m

火床 53

(20:30)
点火に至るまでの行事は厳しく、送り火に携わる人は男性に限られる。 しかも大文字(如意ヶ嶽)は一斉に点火されるが、こちらは筆順どおりに点火されるのが特徴。
この字は火の勢いが良かったように思います。


鳥居形 (曼荼羅山) 炎20時20分



鳥居の笠貫 約70m
左右の脚 約80m

火床 108

(20:39)
送り火の炎とともに百八つの煩悩も焼きつくすとの意味が含まれている。
また生前、神道の信者であった人達は、この鳥居をくぐって冥府へ送られてゆくとも言われている。
撮影ポイントから一番遠いので、小さくてぼんやりとしか見えなかった。


◆ 点火4時間前の左大文字 (左大文字山)





(16:10)

送り火の前に、京都市北区金閣寺町の金閣・鹿苑寺を拝観。
金閣寺前の交差点から左大文字山を見上げると、送り火の火床や準備の人々が見えた。
(8月16日)

※ 各送り火画像下の引用文は京都全日空ホテルの「大文字観賞の夕べ」のしおりから。
 
JUGEMテーマ:季節の出来事

今年のテーマ 「水都大阪2009 なにわの花火で元気満開」・・・8月8日(土)

今夜の天気は大丈夫! と早めに家を出たけれど、皆さん出足がよろしいようで・・・
開場の5時には十三会場(A)の観覧席入口は長蛇の列。。。
水際の席に座りたかったのでかなり川下になる。
緩やかに流れる淀川、時折、魚が跳ねて水しぶきを上げる さかな
今年の花火のテーマ・打ち上げ内容に目を通し、心わくわく躍らせながらお弁当を広げる 弁当
花火に先駆けて飛行機雲と夕焼け雲の競演が・・・眺めながら夜空になるのを待つ 夜空

さあー、7時50分、打ち上げテーマ順に、「オープニング」!
「フィナーレ」まで50分、息つく間もないほど、元気よく花火が夜空と水面を鮮やかに彩る 花火
定番で大迫力の水中スターマイン、ワイドスターマイン・・・今年も大感動!
待ち時間は長いし、帰りの人混みは大変だけど、元気でまた来年も見物したい。

ああ!!やっぱり三脚を立てて、いいカメラで撮りたい!
花火師さん、お許しあれ、ぶれて花火の形が別物に変化しているかも?です。 ごめんなさい

花火1

花火2

花火3

花火4

花火5

花火6

花火7

花火8

花火9

花火10

花火11

花火12

花火13

花火14

花火15

花火16

花火17

※ 昨年の花火大会 「なにわ淀川花火大会(第20回)・・雨降る中で」

JUGEMテーマ:花火大会


祇園祭・山鉾巡行で、四条烏丸から長刀鉾に従って歩き、御池通新町で長刀鉾の最後の辻廻しを見て休憩。
その後室町通を下ると、前方に巡行を終えて町家へ帰る「山伏山」の後ろ姿が。
その豪華な「見送」に魅かれ後をついて歩く。
(7月17日 金)

龍波濤文様の綴錦の見送
(12:49)
20番目の巡行を終えて室町通蛸薬師下ル山伏山町へ帰る山伏山。
平成11年に復元された龍波濤文様の綴錦の「見送」が美しい!


ご神体の山伏が乗った山伏山
(12:52)
屋根方が電話線?の障害調整スタンバイ。

山伏山,障害物を避けている
(12:53)
電話線?の障害物を棒で避けながら・・・



(12:56)
唐草模様の覆いの中には?多分 折りたたみ椅子やビニールカバー等々。


解体作業始まる
(13:08)
町内の人々に拍手で迎えられ、直ちに解体作業が始まる。


ご神体を町家2階へ
(13:13)
ご神体の山伏は、昔、八坂の塔が傾いたとき法力で元に戻したという
「浄蔵貴所」の大峰入りの姿。慎重に町家2階の部屋に安置される。


見送
(13:17)
↑これは何?
「見送」が外された。


真松を外す
(13:19)
真松が外される。


前懸,胴懸,水引を外す
(13:24)
欄縁が外された。
「前掛」、「胴掛」、「水引」、ずいぶん古い逸品のよう、
綴錦や刺繍で描かれた模様は見事、じっくりと見てみたい。



(13:32)

骨組だけになる
(13:39)
懸装品がすべて外されて、骨組だけになりました。

山伏山さま、見学させていただき感謝いたします 感謝

関連記事:
祇園祭・・・長刀鉾の巡行・・ 2009.07.19

JUGEMテーマ:地域/ローカル


祇園祭のクライマックス 「山鉾巡行」、絢爛豪華な山鉾が都大路を練り歩く。
阪急烏丸駅で下車して、、、先頭の長刀鉾に従って御池通新町まで。。。
出発の四条通のくじ改め、注連縄(しめなわ)切りの見どころは人、人で、場所取りが出来ず写真が撮れない。
四条河原町、御池通京都市役所前の辻廻しも 人の波に巻き込まれ、鉾車も地面も見ることが出来ないけれど・・・
祇園囃子の軽やかなリズム、きらびやかな懸装品をまとった山鉾の姿が楽しめた にっこり
(7月17日 金)

◆ 四条烏丸
生稚児が鉾に乗る
(08:44)

 
(08:40)
八坂神社で五位少将の位を授かった稚児は「神の使い」として扱われ地面に足を着けない。
強力と呼ばれる人の肩に担がれ鉾に乗る。

◆ 出発!
長刀鉾 出発
(09:02)
ぱらぱら降り出していた雨も止んだ。。。

◆ 四条河原町 辻廻し
長刀鉾 辻廻し
(09:44)

鉾に乗った生稚児
(10:05)

◆ 京都市役所前 辻廻し
  
(10:19〜10:30)

◆ 御池通を西へ

(10:37〜10:52)


(10:52)

◆ 御池通新町 辻廻し手前
 
(11:17〜11:18)
強力の肩に担がれ稚児が鉾から降りる 。

◆ 御池通新町 辻廻し
 
(11:29〜11:42)
辻廻しをし、新町通を下って四条烏丸へと帰路につく。

◆ 四条烏丸

(14:02〜14:11)
12時前、御池通新町の辻廻しの後、他の山鉾を見て、四条烏丸に戻ると長刀鉾はこのような姿に・・・
千年以上もの歴史がある祇園祭は疫病退散の祈願祭であり、巡行で集めてきた疫神を流し去る意味で、山鉾は町内に帰ると直ぐに解体される。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

      
      2009.1.5 AM 10:00

十三商店街に立つ 「小便小僧見返りトミー君」

「見返りトミー君・・クリスマスモード・・」からお正月モードに変身!お正月 お正月

白いフード付きのケープ姿もお似合いですが・・・おみ足が寒そう!寒い

お正月は楽しかったですか〜? トミー君!

次は、トミー君のお誕生日でもある 「バレンタインデー」が楽しみですね〜 バレンタインデー

JUGEMテーマ:地域/ローカル


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ニホンカワウソ 絶滅!
    おみな
  • ニホンカワウソ 絶滅!
    kazuo nakagawa
  • クリスマス手作り小物・・・リース
    島村
  • 今日の生け花
    おみな
  • 今日の生け花
    よっちゃん
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    おみな
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    よっちゃん
  • 筍・・・筍生活
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    よっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM