一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

<オオゴマダラ>
タテハチョウ科
学名 : Idea leuconoe
食草 : ホウライカガミ
分布 : 奄美諸島〜八重山諸島
 

カトレアの蜜を吸う

タイワンレンギョウの蜜を吸う



交尾中

ラブ

産卵中
産卵中(ホウライカガミの葉の裏に卵を産み付けている)

幼虫 金色のさなぎ
幼虫 金色のさなぎ(約40mm〜50mm)

蝶

昆虫館・チョウ温室の今日の蝶の数は1,106匹。
最も多いオオゴマダラは189匹と発表されていました。
オオゴマダラは日本最大級の蝶(前翅長約70mm、開張約130mm)。
チョウ温室では一番長生きで、平均50〜60日も生きているそうです。

大きな羽でふわりふわりと優雅に飛んでいます。
長時間ねばって、求愛中、交尾中、産卵中のオオゴマダラを見る。。。
展示室で展示されているホウライカガミの葉を食べている幼虫と
葉にぶら下がっている金色の美しいさなぎを見てきました。

「ウィキペディア」によると、
ホウライカガミの葉はアルカロイドを含んでいて、オオゴマダラの幼虫はその葉を食べることで毒を体内にため込み、他の動物から捕食されることを防いでいる。
この毒は、さなぎや成虫にも残っており、目立つ体色は毒を持っていることを周囲に知らせる警戒色だそうです。

他の蝶も別ページで紹介いたします。

関連記事:「蝶が舞う・・伊丹市昆虫館・チョウ温室」(2009.05.04)

JUGEMテーマ:あげは・蝶

  • -
  • 22:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
おはようございます♪
東京はずっと雨です(>_<)

金色のサナギ、ご覧になったんですね !
以前、新聞でクリスマスツリーの飾りになっているのを見てビックリした覚えがあります。抜け殻は透明みたいだし、蝶は白と黒だし、あの金色はどこへ・・・不思議ですね。
  • 夕ひばり
  • 2009/05/08 09:45
夕ひばりさま☆

金色のサナギ、見てきました (^-^)
本当に金ピカで驚きました。
昨年でしたか、クリスマスに昆虫館で
金のサナギのクリスマスツリーを
飾っているという新聞報道がありました。
今年は見に行きたいと思っています。
抜け殻は透明みたいなのですかー (^o^)
  • おみな
  • 2009/05/08 20:51





   
この記事のトラックバックURL : http://taketori-omi.jugem.jp/trackback/432

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ニホンカワウソ 絶滅!
    おみな
  • ニホンカワウソ 絶滅!
    kazuo nakagawa
  • クリスマス手作り小物・・・リース
    島村
  • 今日の生け花
    おみな
  • 今日の生け花
    よっちゃん
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    おみな
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    よっちゃん
  • 筍・・・筍生活
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    よっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM