JUGEMテーマ:昆虫写真.

7月28日(月)
涼しい長野県・白馬乗鞍高原へ旅行した時に見た「マイマイガ」について。

白馬のホテル近辺の木の幹に、見たことがない「蛾」らしきものが張り付いていた。
夜、ホテルの食堂の大きな窓ガラスにも、不気味なほど多数の「蛾」がべったり。。。
「蛾」の名前を知りたくてホテルの方に尋ねよう、と思いながらその夜は休んだ。

翌朝、ホールで新聞(長野中南信)を見て、「蛾」の疑問は解けた。

おみなの大好きなこの地方名産のリンゴ、被害が出ないことを祈る。。。
茶色い卵塊はとても不気味、この蛾は我が家に連れて帰りたくない!と思った。

以下は、新聞記事 引用。
害虫マイマイガ 大発生
各地:果樹・街路樹に食害。

ドクガ科
幼虫の毛虫は4月頃ふ化し、落葉樹やリンゴなどの果樹のほか、
街路樹や家庭の庭木の葉を食べてしまう。

ふ化後の幼虫には毒毛があり、直接触れると赤く腫れることがある。

成虫は7月頃から夜間、街路樹などの照明に飛翔するとされる。
明るい外壁や木の幹に300〜600個の卵を含む綿毛のような卵塊を産み付ける。

成虫は7〜10日程度しか生きられないが、卵は翌春に幼虫になる。
大発生を防ぐには、卵の段階で駆除が必要だという。

<マイマイガ>
木の幹にとまったマイマイガ

木の幹にとまっている「マイマイガ」、
300〜600個の卵を含む茶色い綿毛のような卵塊を産み付けている。

JUGEMテーマ:昆虫写真

フウリンブッソウゲでブランコするツマベニチョウ

フウリンブッソウゲとツマベニチョウ
(伊丹市昆虫館・チョウ温室で,2013.07.26)



ツマベニチョウは、「幸せを呼ぶ蝶」とも言われているのですが、

この日のチョウ温室では、羽の傷んだのが目に付いた。

ハイビスカスの仲間のフウリンブッソウゲで、楽しげにブランコ〜〜

ツマベニチョウ  2009.05.13

JUGEMテーマ:あげは・蝶

庭にツマグロヒョウモンが飛んできてバラの葉にとまった。

たまにしか飛んでこない蝶なのに・・・片方の翅がちぎれている。

けれど、しばらくして元気に飛んで行った。。。

雌のようだけど、、、なんとか生きていけるかな?


ツマグロヒョウモン雌、翅が傷んでいる 

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)
分類 : チョウ目(鱗翅目) タテハチョウ科 ドクチョウ亜科 ヒョウモンチョウ族.
学名 : Argyreus  hyperbius

雌の前翅先端部が黒色で、斜めの白帯を持つのが特徴.
翅の模様は雄雌でかなり異なる.
成虫の前翅長は38〜45mmほど.
西日本に多い.
成虫は4月頃〜11月頃まで見られ、その間に4、5回発生する.
冬は幼虫や蛹(さなぎ)で越冬する.
幼虫の食草はスミレ類.(参考:ウィキペディア)

JUGEMテーマ:昆虫写真.

賑やかだった蝉の大合唱もすっかり聞こえなくなって・・・
初秋の庭の木々などに蝉の抜け殻、空蝉(うつせみ)だけが淋しく残っている。
羽化する場所はいくらでもあるのに、
何故か2匹・3匹が重なって羽化する蝉が毎年何匹もいる。

 昨年の蝉の抜け殻.
[セミの抜け殻 ・・傑作集・・] 2010.08.31

 今年の蝉の抜け殻.
昨年のような傑作は見当たらなかった。

3匹の蝉の抜け殻
モクセイの木の葉に、ちょっと残念な抜け殻二重半!?
3匹のうち、1匹は羽化しないままの状態で乾燥している。

2匹の蝉の抜け殻
サルスベリの小枝に、2匹が重なって。

 蝉のふ化幼虫の抜け穴.

蝉の抜け穴
ウメの木の根元の土中から這い出して・・・。

  

飼育していた「ヒロヘリアオイラガ」が5月27日に飼育容器の中で羽化していた。
昨年10月に繭になってから越冬していた。 暖かくなってきたので注意していたが、
残念ながら羽化の瞬間を見るこは出来なかった。残念

ヒロヘリアオイラガ
(羽化したヒロヘリアオイラガ、2009.05.27 14:00)
部屋で放つと飛び、カーテンに止まった。




(ヒロヘリアオイラガ繭抜け殻)

羽化したのは第1号、第2号、第3号の繭ではない。
庭の木でかなり大きくなった幼虫2匹も一緒に飼育して繭になっていた。
その繭が先に羽化した。。。
容器の中で育った幼虫より自然で育った幼虫の方が栄養状態が良かったのかも?

同じ枝に繭を作ったもう1匹と第3号も間もなく羽化するかもしれない?
この2つの繭の表面の様子が変わってきている。。。
残る繭の中から羽化の瞬間を見ることが出来たらいいのだが・・・観察

※ 飼育記録
「イラガ・・ヒロヘリアオイラガ・・」2008.09.25

「イラガ・・ヒロヘリアオイラガ・・・繭」2008.09.29

「イラガ・・ヒロヘリアオイラガ・・・繭作り」2008.10.02



(ヒロヘリアオイラガの繭集合)
左から・・第1号、第2号、第3号、番号無。
番号無・・羽化した抜け殻と下部に繭1つ。

JUGEMテーマ:昆虫写真

先日、伊丹市昆虫館 ・チョウ温室で、
「ツマムラサキマダラ」(2009.05.08)を撮った。

今回は蝶ばかりでなくて温室内の珍しい木々にも目をやりながら撮っていると カメラ
ガジュマルの木の高い枝の葉にきらりと金色に光る物が・・・
木の根元にはサクララン(ガガイモ科)の葉を食べているツマムラサキマダラの幼虫が1匹。
光っているのは、嗚呼!ツマムラサキマダラの「さなぎ」です ビックリ

別の木、フィカスベンジャミナ(クワ科)の葉の裏にもぶら下がっている「さなぎ」が2つ。
オオゴマダラのサナギよりは小さいけれど。
それはドキッとするような不思議な輝き!・・・ゴールド!? プラチナ!?きらきら

さなぎに成ってどれ位たつのだろう? 何かの色が透けて見えているようでもある。
高い所の別の さなぎはもっと金色に光っているように見える。

これからどのように変化していくのでしょうか? はてな
周りの物も写り込んでいますが、、、その美しい輝きに感激しました 嬉しい

<ツマムラサキマダラの幼虫とさなぎ>
 

<ツマムラサキマダラの さなぎ>
ツマムラサキマダラの さなぎ

ツマムラサキマダラの さなぎ

ツマムラサキマダラの さなぎ

<ツマムラサキマダラの幼虫>
ツマムラサキマダラの幼虫

<ツマムラサキマダラの雄と雌>
 

 (伊丹市昆虫館 ・チョウ温室で)
 

JUGEMテーマ:昆虫写真

<ジャコウアゲハ>
アゲハチョウ科
学名 : Byasa alcinous
食草 : リュウキュウウマノスズクサ
分布 : 本州〜八重山諸島
 
<伊丹市昆虫館 ・チョウ温室のジャコウアゲハ>

ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハ


尾状突起の片方が切れたのか?ない。




ジャコウアゲハの幼虫(展示室の鉢植えの木)


ジャコウアゲハの さなぎと幼虫(展示室の鉢植えの木)


蝶 ジャコウアゲハの開張は約90mm〜110mm。
これまでにUPしてきた伊丹市昆虫館 ・チョウ温室の蝶は沖縄地方が故郷の蝶。
このジャコウアゲハは伊丹にも生息する身近な蝶。
雄は黒くやや小型、雌は黄褐色の翅を持つ。長い尾状突起が目立つ。
腹部下面は雄では鮮紅色、雌は淡褐色、胸部側面、後翅の紋も同様の色の差がある。
成虫とくに雄は芳香を放つので麝香の名が付く。
食草に有毒成分があるため体内に毒を持ち、鳥などに捕食されるのを防ぐ。
花の蜜を吸っている時も羽ばたくので撮るのが難しい 汗

JUGEMテーマ:あげは・蝶

<ツマベニチョウ>
シロチョウ科
学名 : Hebomoia glaucippe
食草 : ギョボク
分布 : 種子島・屋久島〜八重山諸島
 
<伊丹市昆虫館 ・チョウ温室のツマベニチョウ>

ツマベニチョウ

ツマベニチョウ







ツマベニチョウの幼虫

ツマベニチョウの幼虫
ツマベニチョウの幼虫(展示室の容器の中)
容器に触れて、デジカメ向けると頭を蛇のようにもたげてにらまれた。

ツマベニチョウのさなぎ
ツマベニチョウのさなぎ(展示室の容器の中)
 
蝶 ツバベニチョウの開張は約90mm〜100mm。
日本のシロチョウ科の中では最大の蝶。
雌は後翅の先に黒い斑点がある。
とても素早く飛び交うので撮り難い蝶 汗
赤い花が好き、よくハイビスカスの花に潜り込んで吸蜜をしている。
木の葉に止まり尾部を背側にピンと立てている雌の上で雄が羽ばたいている・・・
何故か分からず撮るのも忘れ、しばらく見ていたら雄は飛び去った。
後で調べてみると、、、雌が交尾拒否の行動をとっていたようです。驚く

JUGEMテーマ:あげは・蝶

<コノハチョウ>
タテハチョウ科
学名 : Kallima inachus
食草 : オキナワスズムシソウ
分布 : 西表島、石垣島、沖縄島、沖永良部島
 
<伊丹市昆虫館 ・チョウ温室のコノハチョウ>

コノハチョウ



コノハチョウ

コノハチョウ

パパイア果汁を吸うコノハチョウ

パパイア
 
蝶 コノハチョウの開張は約60mm〜80mm。
成虫は花よりも樹液や熟した果実などに集まる。
翅の裏は枯葉によく似ている。 翅の表は裏とは対照的に鮮やかな配色。
あまりにも枯葉そっくりなので、うっかりしていると見逃してしまいそう 喜ぶ
この蝶は頭を下にして止まる習性がありますが、何故なんでしょうね ?

チョウ温室内のパパイアの実が熟れてきている。。。
きっと、コノハチョウがいただくのでしょうね 嬉しい

JUGEMテーマ:あげは・蝶

<リュウキュウアサギマダラ>
タテハチョウ科
学名 : Ideopsis similis
食草 : ツルモウリンカ
分布 : 奄美諸島〜八重山諸島
 

<伊丹市昆虫館 ・チョウ温室のリュウキュウアサギマダラ>












高い枝の花の蜜を吸うリュウキュウアサギマダラとオオゴマダラ。


リュウキュウアサギマダラのさなぎ(展示室のガラス容器の中)。
 

蝶 リュウキュウアサギマダラの開張 約70mm〜80mm
アサギマダラとは別属の蝶。
食草のガガイモ科の植物に含まれるアルカロイドを体内に持ったまま成虫になり、捕食されるのを防いでいる。

JUGEMテーマ:あげは・蝶


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ニホンカワウソ 絶滅!
    おみな
  • ニホンカワウソ 絶滅!
    kazuo nakagawa
  • クリスマス手作り小物・・・リース
    島村
  • 今日の生け花
    おみな
  • 今日の生け花
    よっちゃん
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    おみな
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    よっちゃん
  • 筍・・・筍生活
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    よっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM