10月10日(金)朝、
胸弾ませて、千畳敷カールの紅葉を見に駒ヶ根高原のホテルを出発した。。。バス
もしかしたら紅葉は終わっているかも、と予想していた通りだった。

ああ!千畳敷カールの紅葉は終わっていた・・・けれど、好天で・・・(*^^)v
(ブログ 月に昇るその日まで)

一昨年の夏に残雪のカールを散策して、、、高山植物の花を見て楽しかった。
その時は、カールの一部しか散策できなかったけれど、
今回は好天のカール一周で、富士山の頂まで拝めて感動した。。富士山

シックな枯葉色の世界と表現したけれど、、、あちこちに、わずかに残る紅葉が、
美しかったであろうカールの紅葉風景を想像させてくれた。
写真の整理をしたので、残る紅葉を拾い出し、思い出に残しておきます。写真


高山植物の葉の紅葉


ナナカマドの赤い実


草紅葉も綺麗だったでしょう


ナナカマドの残った葉


八丁坂への分岐点に残る紅葉


チングルマの花の後


紅葉 紅葉 紅葉

JUGEMテーマ:自然


4月24日(木)、山桜満開の六甲山天覧台から素晴らしい景色を眺めた。
UPが遅れている間に、六甲山は笑い出し、新緑の季節を迎えていることでしょう。

六甲山からの景色を一望できる天覧台(六甲山上展望台)は、
六甲ケーブル山上駅を降りてすぐにある、六甲山の眺望スポットです。
神戸はもちろん、大阪平野部から和歌山方面までワイドに広がる景色を一望できる。

<満開の山桜越しに眺望する景色>

天覧台から大阪湾を眺望
大阪湾を眺望.

天覧台から大阪湾を眺望
大阪方面を眺望.天覧台にある雉(キジ)のモニュメント.

天覧台から大阪湾を眺望
神戸方面を眺望.


六甲山上展望台は、
1981年(昭和56年)5月25日に昭和天皇がお立ち寄りになられたことを
記念して、「天覧台」と名付けられました。

関連記事:
2010年7月25日、天覧台から美しい夜景を見た。
六甲山展覧台からの夜景 2010.07.30 (月の滴)

六甲山天覧台からの夜景



JUGEMテーマ:観光施設の感想・情報

夕食の準備をしていたら、窓が真っ赤に染まった。
立秋を過ぎて暦の上では秋、けれど今日も猛暑日、とても暑かった。

おみな、幼少の頃に祖父から聞かされた、好天のことわざ。
「秋の夕焼け鎌といで待て」

明日も晴れて、猛暑日!?
いつになったら、涼しくなるのでしょう。


<2012年8月21日(火) 18時54分の夕焼け空>

夕焼け空



JUGEMテーマ:自然

庭のカリンの木の葉に張られた蜘蛛(くも)の糸。
仕掛けは簡単ながら、一応小さな獲物が掛かっているようです。

蜘蛛の巣と言えば、網のように張られたのを思い浮かべますが・・・

葉に糸を渡しただけで余り労力を使っていない。
これでも蜘蛛の巣と言えるのでしょうか?

でも、よく考えましたねー、どんな蜘蛛さんの仕業でしょうかねー


< 蜘蛛(くも)の巣 >
簡単な蜘蛛(くも)の巣
葉の中央幅は45mm、長さは90mmほど。
よく見れば、5mm弱ほどの小さな蜘蛛がいるのに気が付きました。

蜘蛛(くも)の巣
蜘蛛は左から中央の葉脈上を右下に向かっているようです。
中央に獲物が掛かっている。



JUGEMテーマ:自然

7月25日、六甲高山植物園のユウスゲを観ての帰り、
六甲ケーブル山上駅の「天覧台」(六甲山上展望台)から美しい夜景を観た。

この展望台は、1981年(昭和56年)5月25日、昭和天皇がお立寄りになられたことを記念して「天覧台」と名付けられました。

神戸はもちろん、大阪平野部から和歌山方面までワイドに広がる景色を一望、終日無料で観賞できます。(六甲山ポータルサイトより)

ここから夜景を観るのは初めて。。。 夜景
日入19時6分、月出18時33分、十三日月には傘がかかっているように見えた。。月
気温24℃、涼しい風が心地よい 、、、月と美しい夜景を心行くまで観ることができました。

コンパクトデジカメ、腕もイマイチで、夜景の美しい輝きは撮れていないけれど・・・ 冷や汗

天覧台からの夜景 (写真はクリックで少し大きくなります)

天覧台からの夜景
(2010.7.25. 19:32)
天覧台から大阪方面を望む.傘のかかった?十三日月.
展望台のシンボル「キジ」のモニュメント.

天覧台からの夜景
(19:49)
大阪方面を望む.

天覧台からの夜景
(19:51)
神戸方面を望む.

天覧台からの夜景
(19:46)
夜景を楽しむカップル多し.

7月6日、公園の花壇で咲いていた 「ハンゲショウ(半夏生)」
名の由来は、半夏生の頃に花を咲かせるので「半夏生」と、
葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする二つの説があるようです。
半化粧というけれど、撮るタイミングが遅かったから? 結構厚化粧に見えませんか ・・ 笑う
花が散って夏が終わる頃には化粧を落とし? 緑の葉に戻るらしい。
暦の上での半夏生は夏至から11日目、今年は7月2日だった。

< ハンゲショウ >
ハンゲショウ 2010.7.6

ハンゲショウは、暖地の水辺や湿地に群生するドクダミ科の多年草。
本州の関東以南、四国、九州、沖縄、中国、フィリピンに分布する。
茎の上部の数枚の葉は下半部が白色となって目立つ。
6〜8月頃、茎の先に細長い穂状花序をだし、多数の黄白色の小花をつける。
茶花として利用され、薬草でもある。
日本では、生育に適した土地が減っていることから自生株は近年減少していて、絶滅が危惧されている地域もあるという。

JUGEMテーマ:

とある市立公園のスモークツリー 木 木
万葉植物の写真を撮ろうと、チャリで知らない道を走っていた。。。自転車
どうやら隣の市に迷い込んだよう。

空模様があやしくなってきたし焦っていたら、もやもやとした毛のような物がついた不思議な木に出会った。
漆塗りのような重厚な感じの名札板には 「スモーク・ツリー ウルシ科」 と。
煙が上っているようにも見える木をじっと眺めていると、燃え尽きて炭のように黒く・・・
そんな筈はありません! 逆光で撮っていました。ごめん  (7月12日)

スモークツリー ウルシ科
ヨーロッパ中南部から中国、ヒマラヤに分布している落葉低木で、2〜3mになる。
花は枝先に長さ15〜20cmの円錐花序をつくり、径3mm程の小さな5弁花を開く。
花期は5〜6月、花が咲き終わった後に花梗が長く伸びて、毛をかぶる。
このさまを煙に見たてスモークツリーの名がついた。
漢名は黄櫨(こうろ)という。(花木園芸本より)

< スモークツリー >
スモークツリー

スモークツリー

スモークツリー 逆光で

スモークツリー説明板

このスモークツリーに出会うのは少し遅かったよう。
煙のように見える毛が散ってしまってるような気がします。
来年もう一度見に行きましょう。
 
JUGEMテーマ:

街路樹のタイサンボク(泰山木)の実がたくさん落ちていた 。。。7月12日。
6月19日、小雨が降る中で大きな白い花を咲かせ、芳香を放っていたタイサンボク。
見上げるような高い木で花はよく見えなかったが、香りで気がつきデジカメを向けたけれど、高すぎて上手く撮れなかった。

それから何日か、花は終わって、ハンドマイクのような形の実が幾つも付いている。
落ちていたのは未熟な青い実。 何か訳があって落ちたのでしょうね。
生り過ぎて自らが落とした、虫が入った、風で落ちた、鳥などが突いた、落ちやすい形 ・・・
色々と想像しては見たけれど・・・なぜ



落ちていたタイサンボクの青い実と枯れた花弁.
実の全長10cm(手前の実) 2010.7.12


生っているタイサンボクの実 2010.7.12


タイサンボクの花、蕾、実 2010.6.19

* タイサンボク(モクレン科)
北アメリカからきた常緑樹、大木になる、花に芳香がある、葉は厚い、高さ20m

JUGEMテーマ:自然

6月5日、正午の気温20℃、好天で爽やかだった六甲高山植物園。
咲いていました 「サラサドウダン」と「ベニドウダン」
高さ5mほどの大きな木が何本かあり、木の下から花を見上げて・・・
小さな釣鐘を幾つも幾つもぶら下げていて可愛いですね。。。鐘
ドウダンとは燈台が転じたものと言われ、車輪状に枝が分枝する様子を、昔、宮中で夜間に公事を行う時などに用いた結び燈台の脚に見立て、トウダイがドウダンに転化したのだと説明されています。 (六甲高山植物園ガイドブックより)

▼ サラサドウダン(更紗灯台) (ツツジ科)
サラサドウダン

サラサドウダン

花の中にもぐり込んでるのは!?
サラサドウダンと蜂
分布:北海道、本州、四国. 山地に生える落葉低木. 花期:5〜6月.
花には紅色の筋が入っていて、更紗模様のよう。

▼ ベニドウダン(紅灯台) (ツツジ科)
ベニドウダン
分布:本州(近畿以西)、四国、九州. 山地に生える落葉低木.
花期:5〜6月. 花の大きさ:6〜8mm.
六甲山を代表するツツジの一つ。

▼ シロドウダン(白灯台) (ツツジ科)
シロドウダン

シロドウダン 雲仙地獄で
分布:本州、四国、九州. 山地に生える落葉低木. 花期:5〜6月.
2008年5月16日、雲仙旅行の時、雲仙地獄周辺に群落をなして咲いているのを見て、
びっくり! あまり可愛いのでスケッチもしてきました。
 
JUGEMテーマ:

支笏洞爺国立公園 倶多楽湖。

前日、のぼりべつクマ牧場から、雨 ・濃霧で湖を展望することが出来なかった。
摩周湖に次ぐ透明度の高い倶多楽湖を見たくて登別温泉からタクシーで。
倶多楽湖は、白老町にあるがルートがなく、アクセスは登別市から。
途中、大湯沼、奥の湯を経て倶多楽湖へ。
倶多楽湖とはアイヌ語で「虎杖(イタドリ)の群生するところ」。
原始林におおわれた丸いカルデラ湖、流入、流出する川がないという、神秘的な湖です。
人けのない静かな湖畔に下りてみる。 吸い込まれそう。。。
夏場は水遊びが出来るのでしょう、ボートがつながれていた。(5月14日)


倶多楽湖
▲ 倶多楽湖 観光道路展望台から

倶多楽湖
▲ 倶多楽湖 水辺

倶多楽湖畔

倶多楽湖説明板
▲ 倶多楽湖の説明板(クリックで大きくなります)

大湯沼
▲ 大湯沼 観光道路展望台から

大湯沼
▲ 大湯沼
説明板には、周囲1km、深さ22m、湯の表面温度50℃、最深部温度130℃、
中州に入ると埋まりますと。やはりここは、地獄の続きのようです 

大湯沼
▲ 大湯沼

奥の湯
▲ 奥の湯 大湯沼の向かいにある

奥の湯
▲ 奥の湯 登別地獄谷から山越え、徒歩20分ほどの所
 
JUGEMテーマ:自然


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ニホンカワウソ 絶滅!
    おみな
  • ニホンカワウソ 絶滅!
    kazuo nakagawa
  • クリスマス手作り小物・・・リース
    島村
  • 今日の生け花
    おみな
  • 今日の生け花
    よっちゃん
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    おみな
  • 山桜咲く 六甲山天覧台からの景色‥‥ぐ〜♪ d(* ̄o ̄)
    よっちゃん
  • 筍・・・筍生活
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    おみな
  • アセビ(馬酔木)の花が咲いていた。。。
    よっちゃん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM